カードローンの踏み倒しはできません

カードローンで借り入れた現金の返済をしないですませたい、 そう考えたことがない人はおそらくいないのではないでしょうか。
もし返済をしなかったらどうなるのだろうかということを考えてみると、 返済日に業者への連絡もせずに振り込みや入金の手続きをしなかった場合には、 まず間違いなく翌日の午前中、早いところでは朝一番に、携帯電話に電話連絡が入るでしょう。
そこで電話に出て遅れた事情を説明し、返済日を約束してそれを実行するというのが普通ですが、 その電話にも出ない場合は、所在確認のため勤め先にも必ず電話が入ることになります。
もちろん返済が遅れていることなどを漏らされることはありませんが、 会社にかかってきた電話に出ないというのはまず不可能ですね。
自宅にも電話が必ずかかり、それにも出ないと今度はFAXや郵便による文書で連絡が入ります。
業者にもいろいろあり、数日連絡がつかないだけで一括請求されるところや、 銀行系カードローンの場合は保証会社への移管を通知してきます。
もちろん信用情報にも事故情報として記載されますから、今後のカードローン利用も難しいでしょう。
このように普通の社会生活を送る上で、踏み倒し行為はまず不可能といえます。
収入証明書が不要など貸す側も貸す時に配慮してくれています。
踏む倒しなどは全体に避けましょう。
こちら(⇒専業主婦でも借りられるキャッシングWEB|旦那に内緒の借入術)で書かれていますので参考にして下さい。